「 波乗りFX 」一覧

ドル円FX週報:3月25日〜FOMCからの動向に注意

先週までの主な為替動向としては、まずはなによりFOMCでしたね。

2019年の利上げが行われるか、注目が集まりましたが、結果:11名据え置き見通し、3名が1回利上げ、2名が2回利上げ。

ほぼ2019年は利上げがないとの方針がほぼ確定しました。よって、2019年は利上げなく、世界経済の停滞傾向がみられる形となりました。

注目のドル円も、発表後大きく下落。111円後半まであげていたところ、大きく下げて、109円台まで大きく下げました。

その他、中国とアメリカの貿易動向ですが、トランプ大統領は追加関税をキープするとのコメントをしていますが、こちらも継続されるかどうかが、ドル円の動向に大きく影響してくるかとおもいます。

今回のFOMC発表を皮切りに、ユーロ、ポンド、株も軒並み下落のトレンド。

基本的にはリスクオフの状況ですが、ドル円に関しては、日本円の状況が読めない状況のため、ドルは弱く売られる方向になりますが、ドル円の組み合わせではわかりづらい状況。

ユーロドルの組み合わせもどちらもリスクオフの状況のため不明確。

経済停滞=原油の需要も下げてくる=カナダドルを売りたい意向が出てくる可能性がでてきます。

基本的には安全資産に流れていく可能性があるため、スイスフラン・ゴールド・日本円に買いをいれつつ、カナダドルを売り方向。

ドル円の動向は、今後も注視していく必要ありです。今後もトランプ大統領の応報があり次第、リスクオフの可能性を意識しつつ、今週1週間を過ごしていければと思います。

日本株もかなり高値で停滞してきているので、下げやすい状況となってきていますので、お気をつけて。

以上、今週1週間もがんばりましょう!


スポンサーリンク