「 波乗り投資法 」一覧

下山敬三先生の「波乗り株投資法」との出会い

「波乗り株投資法」との出会い

ある日、ネットサーフィンをしていると、ある記事が目に入った。
スマホで簡単!株アカデミー「波乗り株トレード!!

個人的に過去に株トレードで痛い目にあっているので、どうせいつも通りの「お宝銘柄紹介」や3%でロスカットするような手法だろう、、と思い込んでいましたが、

「波乗り」という言葉になにか引っかかりを感じたので、ちょっと動画の説明を見てみました。

その説明動画のなかで、「あ、これおもしろいな」と感じたのが、まさに上がっても、下がってもいい取引をやりましょう!という一言。

いままで、株を買うときに「下がってもいい」だなんて思ったこともなく、一気に興味が湧きました。

そもそも株価を予想して相場を当てようとする世間一般の株取引手法をギャンブルだと言い切る講師の下山敬三(しもやまけいぞう)先生ですが、
そのなかでも、波乗り投資法はあくまで「株は投資である」と言い切る姿勢に、たいへん心を打たれました。。w

確かに、自分が株を始めた頃は、お金を増やすため、まさに投資をすることを目的に始めたのに、いつのまにか、勝ち負けしか考えられなくなっていて、トータルでみると負けているという残念な状況が長年続いてしまっていました。予想を当てる取引を続けていると、だんだん感覚がマヒしてきてしまうんですよね。。

株は投資

下山敬三先生が、体験セミナーや講義ビデオのなかでも何度も口にされている言葉で、「株は投資です」資金管理をきちんとすることがお金を増やすために重要なことで、それが投資におけるほぼ9割を占めているといっても過言ではない!とおっしゃっていました。

最初は、何を言っているのかわからなかったですが、波乗り投資法の基本的な考え方とルールを学び、資金管理の方法を学んだあたりから、はっと気づかされました。

(結構最初のほうのページですでに資金管理方法を語っているので、スムーズにあとの章にも読み進めることができました)

まずは資金管理のルールをきちんと守り、お金を増やすための流れを作っていくことが大切ですね!


スポンサーリンク