ドル円FX週報:4月15日〜ドル円112.3円の抵抗ラインでオーダー状況様子見

ポンドドル:

イギリスEUからの離脱は4月12日までにEUの承認が得られなければ無秩序の離脱となる予定でしたが、コービン労働党党首とメイ首相との間で話し合いがうまくいっていないため、9日に不安感にて下げる(売り)に入るかと思われたが、メルケル首相が5月の延期を認めるような発言をしたため、一旦上に上がりました。

しかし、その後すぐにドイツ政府がメルケル首相の発言を否定したことにより、さらに反発で下げ戻しました。

一旦は、方向感がでるまで、様子見でいきます。

ドル円:

先週は売りでいこうと思っていましたが、序盤ですぐに下がったしまったため、うまくエントリーできず、111円台後半で売りをいれましたが、時遅し・・。さらに上昇し、111.9円まで上がりました。

112円台には厚めの売りが多く入っているため1ヶ月ほど前の抵抗ラインとあたることもあり、オーダー状況をみて、売りを入れるタイミングを狙っていこうと思います。

ユーロドル:

1.119ラインで一旦サポートラインに当たっているため、買い目線で進めていこうと思いますが、来週は押し目買い。

日経株価:

22000円台を超えてきていますが、週末にかけて利益確定売りが入ってくる可能性があります。なので、木曜金曜あたりにかけて、叩き売りのタイミングを狙っていきます。

原油価格:

引き続き上昇。イランに向けてはアメリカの制裁が入っていますので、原油が絞られる=価格が上がる状況が続いています。

トルコリラ:

徐々に売られてきています。いまのところ抵抗ラインの6.5を超えてくるかが、ブレイクする判断ポイントになるかと思います。

それでは、来週も1週間頑張っていきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする